スケッチソング

写真と日々と詩

訃報

Category: 日誌  
????????§???+???????????????_convert_20090619173104
午前9:00、ある方の訃報が入る。
オヤジの友人であり、ほぼ毎日、顔を会わせていた方の訃報。
旅立つ日が近い事は、前に聞かされていた。
それでも、この日を迎える事は避けたかった。
今日一日、見るもの全てが乾いていた。
思えば、強引で滅茶苦茶で、波瀾万丈の人生だった。
それでも、自分の周りには、その方の悪口を言う人は誰もいない。
常に、酒とタバコと博打と喧嘩、そして涙。
これほど義理堅く、情に熱い方は他にはいなかった。
正直、今は安らかな顔を見るのが辛い。
解っていても、まだ見送る事はしたくない。
人は皆、大河の一滴。
川の流れのように、全ては同じ方向へと向かって行く。
スポンサーサイト

Comments


« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

blus

Author:blus
写真家
亀村 ヨシノブ
KAMEMURA yoshinobu

全記事表示リンク
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QRコード