スケッチソング

写真と日々と詩

長月

Category: 写真  
RIMG0022 (640x853)
夏の終わり。
潮風に吹かれる日。
ふと、ある日の事を思い出す。
ハイスピードで過ぎて行く日々。
その中ですり抜け、こぼれ落ちていく何かをすくい取っていた。
掴んでは離れ、出ては消えてゆく、曖昧なモノ。
錯覚であり、幻想的。
カタチを創り、答えを求める。
いつも、そして今も同じ。
対象との対自。
明確な答えは出てこない。
欲求のまま、前に進む。
道には曲がり角が付き物。
その先があれば、只、前に進むだけ。
スポンサーサイト

Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

blus

Author:blus
写真家
亀村 ヨシノブ
KAMEMURA yoshinobu

全記事表示リンク
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QRコード