スケッチソング

写真と日々と詩

出会い

Category: 写真  
R0010219 (640x480)
人生の中で、その人が出会える人は決まっているらしい。
生まれた時から。いや、その前から。
偶然と思える出会いでも、必然だと思う出会いでも。
街で行き交い、すれ違う人々。
その中で、出会いと云える事象は、極、僅か。
その全ての出会いが、素敵な出会い。
そうであってほしい。
そう思いたい。
でも実際、正直なところ、そのようには思えない。
只、日々の中で起こる、その時の一瞬の出会いの積み重ね。
その出会いを、その時、その時、どう自分が捉えるか。
頭を見るか、尻尾を見るか。
それだけでも、印象は変わる。
次へのステージには、自分ではなく、人により導かれるもの。
切れ目があっては、先に行けない。
それぞれの線が出会いにより繋がれ、結ばれ、線が伸びて行く。
そう思うと、一つ一つの出会いが大切であり、必然なものに思えてくる。
出会いの数だけ線が伸びる。
次に準備されたステージに立つ事が出来る。
隣の立ち話を聞くのも悪くない。
「今、現在」
「今日、この日」
「人生で最高のステージに立っているつもり」
この言葉から、人により導かれた今、現在、今日、この日を考えていた。
スポンサーサイト

Comments


« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

blus

Author:blus
写真家
亀村 ヨシノブ
KAMEMURA yoshinobu

全記事表示リンク
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QRコード