スケッチソング

写真と日々と詩

気持ち

Category: 写真  
R0010226 (640x480)
早いもので、来週、10月に突入。
今年も残り3ヶ月。
今週に入り、急に秋らしさが増す。
秋風に吹かれながら、街を廻るのが心地良い。
昨日、在る方からお土産を頂戴する。
マルセイバターサンド。
長らく愛されてきた、テッパン商品。
ロングセラーには訳がある。
只、良い物は良い。
美味い物は旨い。
何時の時代も、人の舌はさほど変わるものではない。
全てにおいて気持ちが大事。
届けられる気持ち、贈られる気持ち、受け取られる気持ち。
全てが連なり、結び付き、輪になる。
とてもとても素敵な事。
名残り惜しい9月。
整理と清算は、しっかりと片付けたい。
スポンサーサイト

雨上がり

Category: 写真  
R0010221 (640x480)
夜になり、雨が上がる。
雨で冷やされた街に、風が通り抜ける。
涼やかな空気が街を覆う。
鈴虫の鳴き声が響き渡る。
野良猫の声が同調する。
ぼんやりとした月明かりが、空を照らす。
今宵は何も考えない。
大事な用事は済。
どうでもいい事は、どうでもいい。
考えても、結果、どうでもよくなる。
雨上がりの夜空を眺めて、只々、ぼんやりとするだけ。
月光のブルース。

終焉

Category: 日誌  
R0010200 (640x480)
連日、突然降って来る雨。
今日も暫しの間、雨。
気温は少し低め。
生温かった風が、冷んやりと感じる。
夏の終わりの中盤。
今年の夏も、終焉が近い。
完全燃焼とまでは行かなくても、燃焼出来た夏。
暑かった、同時に厚かった。
人情に厚いオッサンと出会えた夏。
身体に彫り込まれたタトゥーが印象的な、律儀なニイちゃんと出会えた夏。
皆、それぞれ、それぞれの夏。
良くも悪くも、在りのままの自分を描いたのなら、それで良い。
でも、線香花火の火は、未だ消えていない。
夏の終わり、最後にもう少しだけ、火花を散らしたい。

長月

Category: 日誌  
R0010172 (640x480)
9月に突入。
朝晩、少し、少しづつ、秋の気配を感じる。
夕方に襲って来る眠気が、ハンパない。
毎年、想像と妄想を繰り返す秋の夜長。
今年もじっくりと、過ぎ去った夏を振り返りたいもの。
整理と見極め。
今年の最終ラウンドへ向けての準備。
やりたい事は山積み。
ひとつひとつ、焦らず、慌てず、じんわりと楽しみたい。
あの場所へ行こう。
全てを包み込み、心を洗い流し、リ・スタートさせてくれる場所。
吸収と浄化。
モノを詰め込む前に、アタマの中は、キレイに空っぽに。

« »

09 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

blus

Author:blus
写真家
亀村 ヨシノブ
KAMEMURA yoshinobu

全記事表示リンク
検索フォーム
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QRコード