スケッチソング

写真と日々と詩

7月31日

Category: 日誌  

7月31日、快晴。まだ梅雨は明けず。
しばらく、食欲の無い日が続いている。
食費の節約と捉えておこう。
今週末、ある場所へと向う予定。
久々に訪れる街。久々に出会える人。
あの日から、いろいろとあった5年間を思い出す。
変わっていたり、変わっていなかったり、変われなかったり。
あの日思い描き、語り合っていた未来には、まだまだ遠い。
そんな感じで、明日から8月。
真夏のビタミンをたっぷりとブチ込みに行こう。
スポンサーサイト

身を委ねる

Category: 写真  

本日、不安定な天気。
空模様を気にしながらの外まわり。
冷たい空気と風。夏の終わりの様な錯覚。
雲を見ながら、8月へと突入する週末の予定をたてる。
足を縛られていた7月の反省。
身のまわり、そして気持ちの整理。
新たな物事、制作への準備。
自分の中での決着とケジメ。
時折考える、自分に残された時間。
もう逢う事が出来ないかも知れない、あの人の事。
思いは抱きつつも、あとは時の流れに身を委ねよう。
念ずれば花開く。
蒔かない種には花は咲かない。

考え方

Category: 写真  

7月最後の週はじめ。不安定な天気。
歳と共に考え方、思考が移り変わる。
余計な物、余分は物は手元に置かない。
必要なものを、必要な時に、必要な分だけ使用する。
使える物は、使えるところまで使い切る。
モノが動かないと、お金が回らない社会。
それでも不用意に動かし回す事に疑問を抱く。
昨日、そんな事を考えながら、読まない本、衣類はリサイクル業者へ。
使わなくなった時計は安価でY君へ。
どんなモノでも誰かに必要とされ、大切に扱われてほしい。
処分する事になったチャリを見ながら、モノの在り方、使い方を考えていた。

N氏写真展

Category: 日誌  

雨の土曜日。
夕方、お世話になっている、Yディレクターの展覧会場へ足を運ぶ。
会場でYディレクター、アーティストのM氏と再会。
暫しの談笑と近況報告。
約束があった為、30分程で会場を後にする。
早々にチャリを転がし、N氏の写真展へ。
会場のcafeでN氏と再会。
イタリア人オーナーのSさんと三人の時間を過ごす。
しばらくして、cafeスタッフのJさん、Sさんが出勤。
ヨーロッパから帰国したK君も合流し、ゆるやかな週末となる。
8年間を共にしてきた相方(チャリ)は定年間近。
共に歩めるところまで歩みたいが限界に近い。
申し訳のない気持ちで、新しいチャリを注文する。

別れ

Category: 写真  

断続的に雨が降る日。
昨日、そして今日。ある方の通夜、そして告別式。
「雨は~~~悲しみも涙も流すから」。
もう、涙が止まらない。
拭いても拭いても止まらない。
強く降る雨と同じように、流れ落ちる涙。
雨が流してくれない涙が溢れ出る。
悲しみの涙なのか、寂しさの涙なのか。
もう、何の涙なのか解らない。
今日だけ、今日だけは涙が涸れるまで泣かせてほしい。
最後のお見送り、そしてお別れ。
後は、自分の中でのお見送り。感謝。

« »

07 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

blus

Author:blus
写真家
亀村 ヨシノブ
KAMEMURA yoshinobu

全記事表示リンク
検索フォーム
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QRコード